あいづふるさと基金事業

平成7年度に、あいづ拠点都市整備によるソフト事業を会津28市町村で実施するための基金30億円の内、本圏域構成町村で初年度分169,050千円を積立て、翌平成8年度に、2年次分169,050千円を造成、合計で338,100千円を本組合のあいづふるさと基金として積み立てました。市町村合併により現在会津17市町村で協力したソフト事業をあいづふるさと市町村圏協議会が主体となって実施しています。
○平成28年度事業計画

  1. 魅力ある地域づくりの実践を目指し、地域資源の活用・PR、文化の創造・発信、まちづくりネットワークの3つを基本に会津地域全体の活性化を図る。
  2. 観光誘客を推進する「極上の会津プロジェクト」が継続して実施され、更なる「観光 会津」のイメージアップに寄与していくため、関係諸機関と連携しながら、交流人口の拡大に努めていく。
  3. 全会津のアンテナショップとして開設し、現在は運営を民間移行している「駅カフェ」について、情報拠点として活用しながら、観光PRや地域産品の振興に努めていく。
  4. 団塊の世代を対象としたUIJターン事業や二地域居住推進事業について、福島県及び圏域内市町村と連携を図りながら、広域的積極的な事業を推進していく。

  1. 地域資源の活用・PR
    1. あいづイメージアップ作戦
      1. 駅カフェ発・自慢できる会津発信事業
      2. ホームページ「パーフェクトあいづ」
      3. 瓦燈貸し出し事業
    2. 地域資源活用事業
      1. 会津地域経済循環推進協議会への参画
    3. アンテナショップ研究事業
  2. 文化の創造・発信
    1. 地域密着型情報誌発行事業
  3. まちづくりネットワーク
    1. 地域づくり・人づくり応援事業
      1. 地域づくり応援事業
      2. 地域おこし団体交流事業
      3. あいづふるさと暮らし支援事業